約定返済とは | 今すぐ60万円キャッシングする方法

約定返済の意味を知って正しく借りよう

キャッシングやローンを組んだ時によく耳にするのが、約定返済という言葉です。
これは、お金を借りた金融機関との間で取り決めた返済プランのことを言います。
例えば、最初の契約時に「毎月5日に1万円返済する」など具体的に取り決め、それが契約約款に記載されることになります。
借りた人は、その内容に全面的に同意したとみなされ、必ずその約定に従って返済する義務が生じます。
もしも返済中に金利の引き下げなど状況の変化があったとしても、すでに契約時に約定が交わされているため、返済には影響ありません。
返済額が変わらないということは、金利が下がると利息分が下がり、元本分が増えることになります。
銀行でローンを組んだ場合、その銀行にローン返済専用の口座を開くことが多くあります。
もし定められた約定返済日にその口座に預金残高が残っていなければ、引き落としができずに延滞となってしまいます。
この場合、銀行が指定した遅延損害金を支払わなければならないので、引き落とし日と残高には注意が必要です。
さらに、約定返済額と遅延損害金をすべて返済するまで、新たなローンは組めなくなります。
ちなみに、もし同一銀行のローン返済専用口座に残高が無く、普通預金口座に残高がある場合、普通口座から自動的に返済口座に不足額が振り返られ、それが返済に充てられるシステムの銀行もあります。
このように、約定の内容は金融機関やローンなど商品内容によっても様々に異なります。
そのため返済額や返済方法などをよく調べ、自分に適したものを探す必要があります。

銀行カードローンと銀行系消費者金融の違い

業  者 融資スピード 金  利 特  徴
銀行カードローン ★★★☆☆ ★★★★★ 銀行カードローンは、融資限度額が高めで金利も低い分、銀行系消費者金融と比べて審査に時間がかかるといわれています。

>> 60万円キャッシング【銀行ランキング】

銀行系消費者金融 ★★★★★ ★★★☆☆ 銀行のカードローンに比べて、銀行系消費者金融は金利が多少高くなりますが、融資までのスピードが早めといわれています。

>> 60万円キャッシング【スピードランキング】

お金を借りれる業者はそれぞれ特徴があります。ご自身に合った業者からキャッシングしましょう!



ページトップへ戻る