システム金融とは | 今すぐ60万円キャッシングする方法

システム金融の意味と融資を受けた場合の利息など

システム金融とは、主として中小企業向けに融資をするものです。
その手法は、FAX・ダイレクトメールを用いて融資の勧誘をした後、企業から融資の申し込みがあれば面談・審査などをせずに、手形・小切手を郵送すればお金を貸し出してくれます。
例をあげれば、手形・小切手25万円を3枚送るようにして、満期を1週間後・2週間後・3週間後へ設定して郵送すると、封書が届いたその日に50万円の融資が受けられるという具合です。
この貸し出されるお金は、利用者の指定する銀行口座へ振り込まれるようになってます。
融資ですから金利が掛かってくるのですが、年利で800~2000%です。
融資を行う業者は、貸金業者として役所への届け出がなければいけません。
そして、手形・小切手などの郵送先は、郵便局の局留めとなってるケースが多くあります。
それに、問い合わせなどの電話をした場合、転送電話を使ってる業者が多いですから、業者の方から電話をかけ直す事がよくあるのです。
ところで、システム金融業者は、業者の間で情報交換がなされます。
そのため、1度利用すると他の業者から、勧誘されます。
特に、手形・小切手などの、支払期限の前日によくあります。
それに、この名称ですが、営業形態から業者自らが命名しているのです。
では、融資を受けた場合の利息ですが、前述した年利ですから50万円借りた場合には、1週間後には25万円となります。
借りたお金へ25万円足して、返済しなければなりません。

銀行カードローンと銀行系消費者金融の違い

業  者 融資スピード 金  利 特  徴
銀行カードローン ★★★☆☆ ★★★★★ 銀行カードローンは、融資限度額が高めで金利も低い分、銀行系消費者金融と比べて審査に時間がかかるといわれています。

>> 60万円キャッシング【銀行ランキング】

銀行系消費者金融 ★★★★★ ★★★☆☆ 銀行のカードローンに比べて、銀行系消費者金融は金利が多少高くなりますが、融資までのスピードが早めといわれています。

>> 60万円キャッシング【スピードランキング】

お金を借りれる業者はそれぞれ特徴があります。ご自身に合った業者からキャッシングしましょう!



ページトップへ戻る